サーチュイン遺伝子がお肌を若返らせる!

サーチュイン遺伝子って何?

「サーチュイン遺伝子」という言葉をご存知でしょうか。サーチュイン遺伝子は、延命遺伝子・長寿遺伝子などとも呼ばれている、近年にわかに注目を浴びてきた遺伝子のことです。

そしてその推測を元に研究調査を続けた結果、見つかったのが、延命・長寿に大きく関わる「サーチュイン遺伝子」の存在だったんですよ。

サーチュイン遺伝子が「若返り」に有効な理由とは

サーチュイン遺伝子が発見されてから、さらに「サーチュイン遺伝子はどういうメカニズムで延命・長寿に役立っているのか」という点について、より詳しい研究調査がなされました。その結果分かったのが、サーチュイン遺伝子の、驚くべき役割です。

なんとサーチュイン遺伝子は「空腹・飢餓状態におかれた時に活性化して、人間の体内にあるあらゆる遺伝子をスキャンした上で、破損したものについては修復をしてくれる」という働きをすることが分かったんですよ。

人の老化はそもそも、「破損したものが元通り修復できない」という部分が大きな原因となっています。ですがサーチュイン遺伝子が活性化すれば、その「老化の根本的な問題」が解決できるというわけなんです。すでに破損した遺伝子まで修復してくれる効果が期待できるからこそ、「サーチュイン遺伝子は若返りに有効だ」という結論が出たわけです。

スポンサードリンク

サーチュイン遺伝子の活性化は、意外と身近な例にもあった!

そんなわけで、サーチュイン遺伝子については本当に「ここ最近でいろんなことが分かってきた」という、新しい説が多い遺伝子なのですが、実は人間はこのサーチュイン遺伝子の存在を知る前から、何らかの形でサーシュイン遺伝子を活性化させるための行動をしていた、というケースがいくつか見受けられます。

その代表例が、イスラム教のラマダンや仏教の断食、そして近年ダイエッターの中で流行している「プチ断食」などです。特に、私たちにも身近なプチ断食は「やったあとは体の調子が良くなる」という声が多いですね。これこそまさに、サーチュイン遺伝子の活性化効果によるものではないでしょうか。