空腹ダイエットにはどんな効果が期待できるのか?

空腹ダイエットで期待できる効果は、まずは当たり前の話ですが「やせられる」ということ。これはダイエットとして絶対に「ないと困る」効果ですよね。

しかし、空腹ダイエットに期待できる効果はそれだけではありません。何と空腹ダイエットは、「体の老化を遅らせたり、すでに老化が進んでいる肉体を若返らせる」ということまで期待できるというのです。しかしその根拠は、一体どこにあるのでしょうか?

サルの研究で分かった、食事制限による延命効果

空腹ダイエットの効果を裏付けるものとして、面白いデータがあります。それは2009年にアメリカのウィスコンシン大学などのチームがまとめた、アカゲザルのカロリー制限による延命効果の調査結果です。

この調査は、20年にもわたってアカゲザルにカロリー制限を加えて調べたという、かなり本格的な調査なのですが、その結果、標準どおりのカロリー摂取をしてきたアカゲザルと、標準よりも30%少ないカロリー摂取をしてきたアカゲザルとでは、見た目の若々しさも、老後の健康状態にも大きな差が出たのです。

標準どおりのカロリー摂取を続けてきたグループのサルは見た目も老けた印象が強く、さらに癌や糖尿病・心臓病などといった病気にも見舞われるケースが多いのに対し、カロリー制限をされてきたグループのサルは若々しく、多くが病気などにも見舞われずに済んでいるという結果になりました。

この調査が発表された2007年7月時点で、生き残ったサルは全員27歳以上でしたが、その内訳は「標準カロリー摂取グループは38匹中、生き残りは24匹」というのに対し、「摂取カロリー制限グループは38匹中、生き残りは33匹」という大差となったのです。この結果を見れば「食事制限が延命効果を生み出した」と考えるのが自然と言えるでしょう。

この調査結果はマウス等、人間とは遠い関係の生物での実験ではなく、かなり人間と近い関係にある霊長類での調査結果なので、相当信憑性が高いとされています。

スポンサードリンク

やってみる価値はある、空腹ダイエット

そんなわけで空腹ダイエットの効果は、サルの段階までは「ほぼ証明された」と言っても過言ではない状態に来ています。人間の空腹ダイエットの歴史はまだまだ浅いので、今でも反論が多い部分もあるのですが、「一日一食空腹ダイエット」を提唱している南雲先生も、自身が実践して健康と若々しさを取り戻したという自負があるからこそ勧めているわけです。

人間と体の仕組みが似たサルで効果が証明され、さらに人の体のメカニズムを知り尽くした医師までもが勧めるダイエット法だからこそ、一度は試してみる価値があるのではないでしょうか。