南雲式ダイエットと若返り法

食事の量・回数を減らすことで、健康状態、肉体年齢が大幅に改善されたという南雲吉則先生の実践体験を参考に、独自の空腹ダイエット論と若返り法をまとめてみました。

空腹ダイエットの基本である「南雲式」が生まれたきっかけ

南雲先生は一日一食の空腹ダイエットを提唱していますが、元々はその空腹ダイエットの効果について確固たる理論があったわけではなく、「食事の量を減らしてみたら体調や血管年齢などの状態がすこぶる改善された」という、南雲先生自身の実践体験によるものからスタートしました。

スポンサードリンク

もちろんその時は、自分自身の体調や血管年齢などの状態が改善したからといっても、まだ「人にこれを勧めていいものだろうか」という迷いはあったそうです。確かに、南雲先生は「医師」という立場ですから、私たち素人のように、気軽に「これ健康にいいよ」とは勧められませんからね。

しかしその後、「食事の量を4割減らした動物のほうが長生きする」といった実験結果などが出て、サーチュイン遺伝子(延命遺伝子・長寿遺伝子などとも呼ばれる)の存在が発見され、注目を集めるようになりました。つまり南雲先生は、自分でも無意識のうちに、一日一食の空腹ダイエットによってサーチュイン遺伝子を活性化させていたというわけです。自身の体験結果と、サーチュイン遺伝子の発見・・・この2本柱ができたことによって、南雲先生は自分の理論に間違いがないと確信したのでしょう。

空腹ダイエットの理論を簡単に言うと

さて、空腹ダイエットの理論とは具体的にどういうものなのかというと、簡単に言えば「食事量を減らすことでサーチュイン遺伝子が活性化すると、少ない量の食事からでも栄養を完全に吸収するようになる。さらに、食事量が少ない分内臓への負担も軽減され、サーチュイン遺伝子とのダブル効果によって、健康・若返りが期待できる」といったところでしょうか。

空腹ダイエットの理論を受け入れられない人へ

そんなわけで空腹ダイエットは、健康にも美容にも嬉しい効果が期待できるのですが、これまでの「一日三食が健康的な食生活の理想」という考え方とは間逆なため、その理論を受け入れられないという人も少なくありません。

ですが、少し考えてみて下さい。メタボだの高血圧だのといった生活習慣病が国民的な大問題になってきたのは、それこそここ最近の話です。数十年前にはメタボなんて言葉自体が無かったのですから。近年の生活習慣病の多発は「健康的だと思っていた一日三食生活のひずみが、今になって出てきた結果」だという可能性は否定できないのではないでしょうか。

空腹ダイエットは幸いにも「一度始めてしまったら、二度とやめることができない」などというタイプのダイエットではありません。ですから今、少しでも健康や美容面で気になることがある人は、だまされたと思って短期間だけでも一度試してみてはいかがでしょうか。それで効果が出てきたらもうけもの、という気持ちで。もし、「空腹ダイエットによって、かえって不健康になった」などといったまずい傾向が出てきたら、その時は元に戻せばいいだけですから、気楽な気持ちでチャレンジしてみましょう。